車買取時のシールとその注意点

車の状態というのは、本当に様々です。その状態には、シールが関係している場合があります。
人によっては、車にシールを貼っている方もいらっしゃるのです。貼っている目的は様々ですね。

 

例えばカーステッカーがあります。何らかの宣伝をする為に、車に貼られているシールですね。社用車やトラックなどには、それが貼られているケースが非常に多いです。
また人によっては、ちょっと隠す為にシールを貼っている事もあるのだそうです。例えば車に対する傷ですね。傷が見えないように、シールが貼られている事も稀にあるのだそうです。目的は色々ですね。

 

ところでシールは、車買取では意外と大きなポイントになってきます。特に後者のように何かを隠す為にシールが貼られている時には、ちょっと注意を要しますね。
結論から言うと、そのようなシールは剥がしておいた方が無難です。査定士の目線からすれば、不自然な所にシールが貼られていると「何か不具合が隠されているのではないか」と疑われてしまう事があります。マイナス査定につながってしまいますので、そのようなシールは剥がしておいた方が無難ではありますね。

 

そして、そもそも隠さないのが大事だと思います。車買取の業者は不具合を隠さずに正直に伝えてくれる方に好感を覚える事が多いので、シールで隠すのは控えておいた方が無難ですね。

 

ただ上記のステッカーにせよ隠す為のシールにせよ、そもそも自力で剥せるかどうかの問題があります。特にカーステッカーなどの場合は、ちょっと自力で剥がすのは難しいと思いますね。
セルシオ 買取

 

剥がすのが難しい時には、シールは放置で構いません。無理に剥がしてしまいますと車に傷が付いてしまう可能性があるので、それもマイナス査定につながってしまうからです。あくまでも可能な時のみ、シールを剥がすようにするのが良いでしょう。


このページの先頭へ戻る